それぞれの旅行に合わせたカバン選び

一人旅に最適なカバン

一人で全て動かなくてはいけない一人旅では持っていくカバンの選択も重要となってきます。
主に使われているカバンの種類を解説していくのでカバン選びの際に役立ててください。

ハードキャリーケースは一般的にスーツケースと呼ばれています。
プラスチック素材かアルミ金属素材でできた四角いケースの下に二つか四つの車輪がついていて、引いたり押したりすることで移動可能となるタイプのカバンとなっています。

ソフトキャリーケースの場合は布製のケースの下に車輪はついたタイプのもので、引っ張って移動します。
布製ですのでハードキャリアケースよりは耐久性が劣ります。

最後にバックパックをご紹介します。
長期旅行の際によく使われているリュックサックタイプのカバンで、特に欧米では強い人気を誇っています。
多い荷物の場合は疲労がたまることもありますが、両手が空きますので人ごみの中などでも歩きやすいです。

カバン選びのポイント

カバンを選ぶ時の重要なのが、どんな旅行をするのかを考える事です。
旅行先、滞在日数、旅先での動き方などどんな事をするのかによって持っていくといいカバンの種類は変わってきます。
自分が何を重視して選ぶのかをしっかりと把握してその旅に合ったカバンを選びましょう。

まず一番のポイントとなってくるのが容量です。
そのカバンにどれだけの量を詰めることができるのか、自分は今回の旅でどのくらいの荷物が必要なのかを考えて、そのサイズに合ったカバンを選ぶ必要があります。

移動手段で飛行機を使う場合は特にサイズも重要となってきます。
空港で受託手荷物となるのか機内持ち込み手荷物となるのか、利用する航空会社によっても変わってきますので確認したうえで最適なカバンを選んでください。

この記事をシェアする
TOPへ戻る